建築事業・土木事業・埋蔵文化財事業・推進技術(エンビライナー・アイアンモール・グルンドラム・グルンドマート・コンパクトモール・グッドモール・沈設立坑)

街明るく山河いきいき、私たちがつくります。株式会社 吉田建設
〒953-0042 新潟県新潟市西蒲区赤鏥1307-1
TEL:0256-72-2391  FAX:0256-72-8446
トップページ 会社案内 お問い合わせ
お知らせ 事業案内 推進技術紹介 採用情報 リンク集
推進技術紹介 PROMOTION TECHNOLOGY INFORMATION
管周混合推進工法
小口径推進工法・エンビライナー工法・アイアンモール工法・グルンドラム工法
取付管推進工法・コンパクトモール工法・グッドモール工法
沈設立坑
沈設立坑
沈設立坑
沈設立坑
沈設立坑
推進工事加盟団体
新潟県推進技術協会会員
一般社団法人新潟県下水道
管路維持改築協会会員
管周混合推進工法協会会員
社団法人日本下水道管路管理業協会
中部支部 新潟部会協会会員
小口径推進工法
エンビホリゾン推進協会会員
アイアンモール協会会員
ドウカン協会新潟県担当会員
DIT&DRM協会会員
沈設立坑
沈設立坑協会会員
取付管推進工法
コンパクトモール工法
研究会会員
グッドモール工法研究会会員
DIT&DRM協会会員
管更新更正工法
反転工法
 日本インシチュフォーム
 協会会員
 JPR日本管更正技術協会会員
製管工法
 EX・ダンビー協会会員
小口径目地施工
全国SPM工法協会会員

管口の耐震化工法
日本スナップロック協会会員

マンホール浮上防止対策工法
WIDEセフティパイプ工法研究会協会会員
▲ページトップへ
管周混合推進工法
本工法は、地山と滑材を混合撹拌し、推進管周囲の地山を均等にセン断抵抗の小さな土質に改良、滑材効果を高めることで、長距離・曲線推進を可能にした工法です。 管周混合推進工法イメージ 管周混合推進工法イメージ
▲ページトップへ
小口径目地施工
エンビライナー
エンビライナー工法は、低耐荷力方式・オーガ方式/泥土圧方式一工程式に分類される工法です。粘性土、砂質土だけでなく、礫層、岩盤施工を可能とするディスクカッターヘッドにも対応します。施工実績は、塩ビ管推進工法では「No.1」の実績を誇ります。
>>詳しくはこちら
エンビライナーSH305型
エンビライナーSH305型
エンビライナー施工状況
施工状況
アイアンモール工法
1.8mライナープレートより1m管を推進でき、狭い現場でも効率的に推進が行えます。推進装置はスリムな設計で、コントロールユニットは推進装置の上に置くことができるため、立坑内での作業は容易です。地上の占有面積は小さく、狭い場所でも作業できます。
普通土から硬質土、滞水砂礫層まで幅広く対応。滞水層でも高精度推進が行えます。また、磔破砕効率が良く、礫層での掘削性能に優れています。
カラー液晶画面での各種データの集中管理により、状況に応じた対応が迅速に行え、施工履歴もリアルタイムで確認でき、位置と姿勢角を正確に計測し表示。あらゆる方向および任意の角度に最適な方向修正が可能です。
アイアンモールTP40SCL
アイアンモールTP40SCL
当社はアイアンモール協会正会員です。
アイアンモールTP40SCL-2を保有し、径200mm〜300mmの推進工事を施工いたします。
詳しくはこちらをご覧ください
アイアンモール協会 コマツ
グルンドラム工法
本体ケーシングの内部に収納されたピストンが圧縮空気の力によってヘッド部を打撃し、これによって鋼管を推進する衝撃式推進工法。それが(グルンドラム工法)です。立坑が極めて小さくすむため、道幅の狭い場所や道路・河川・鉄道の横断時などに幅広く採用されています。
>>詳しくはこちら
グルンドラム工法施工状況
施工状況
当社はドウカン協会正会員です。
詳しくはこちらをご覧ください
ドウカン協会
▲ページトップへ
取付管推進工法
コンパクトモール
大きな作業を小さく済ませます。防水は完璧。しかも狭い場所でも安全、正確です。
滞水地盤での施工には最適です。塩ビ本管及びヒューム管ほかFRPなどの取付けが可能です。
>>詳しくはこちら
免震支管
免震支管
コンパクトモール施工状況
施工状況
グッドモール工法
本工法は下水道取り付け管の推進工法で、特殊支管を開発、完璧な取り付けと止水、防水を実現しました。また、ヒューム管に対する取り付けも緊足支管と膨張パッカーにより確実な取り付けと滑らかな内面仕上げを確保しています。
>>詳しくはこちら
グッドモール工法施工状況
施工状況
▲ページトップへ
沈設立坑
発進立坑とマンホールを兼用できるので合理的な施工と工期の短縮が可能です。コンクリートブロックを沈設する工法であるために振動・騒音がなく静かな施工ができます。
狭い道路と交通量に良く適合し、最少の施工スペースで施工が可能です。共用開始以降の維持管理スペースが広く、また管渠の増設も非開削でこのマンホール内から推進可能です。
>>詳しくはこちら
沈設立坑施工状況
施工状況
トップページお知らせ事業案内推進技術紹介採用情報リンク集会社案内お問い合わせ